矯正歯科

ORTHODONTIC DENTAL

矯正歯科について

ORTHODONTIC DENTAL

当院ではマルチブラケットワイヤー矯正、小児矯正、透明マウスピース矯正を行っています。透明マウスピース矯正については、インビザライン認定ドクターによるインビザラインシステムおよびインビザラインGoシステムを導入しています。

 
 

矯正歯科とは、悪い歯ならびや噛み合わせをきれいな歯ならびにし、きちんと噛みあうようにする歯科治療です。
矯正装置により歯やあごの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯ならびと噛み合わせを治していきます。
歯が不ぞろいだったり、上下の歯が正常にかみ合わない状態を専門的には「不正咬合」といいます。

不正咬合について

MALOCCLUSION

不正咬合を放置すると

・食べ物がよく噛めない
・言葉が明瞭でなくなる
・虫歯になりやすい
・歯周病になりやすい
・口臭の原因となる
・あごの関節に負担がかかる
・歯を折ったり、けがをしやすくなる

矯正が必要な代表的なパターン

CASE

乱杭歯(叢生)

乱杭歯(叢生)とは、アゴのスペースに対して、歯が並ばず、歯が重なった状態のことです。歯並びがでこぼことなった状態の為、ブラッシングしても磨き残しが多く、歯周病のリスクが大きくなります。

受け口(反対咬合)

反対咬合(はんたいこうごう)と言われ、下の歯が上の歯の前に出てしまっている状態です。放置すると治療が困難になってきます。

出っ歯(過蓋咬合)

歯を噛み合わせると、前歯が深くかぶり、上の歯で下の歯が隠れてしまう不正咬合です。審美的に外見に及ぼす影響が大きく、コンプレックスから精神的負担も大きくなります。

オープンバイト(開咬)

歯を噛み合わせても、前歯が全く接触せず開いた状態になる不正咬合です。審美障害、発音不明瞭、口腔機能障害、顎関節症などの様々な障害を引き起こします。

小児矯正について

CHILD ORTHODONTIC DENTISTRY

矯正治療に適した時期は、お子様一人ひとりの歯の成長具合によって異なります。ですから、お子様の歯の状態を見ずに「いつからはじめるべき」という明確な答えは出せません!
お子様が小さいうちに初診にお越しいただくことで、矯正歯科専門医が歯の成長スピードや状態を把握でき、最適な矯正治療の開始時期を見極めることが可能となります。
逆に適切なタイミングで矯正治療ができず、矯正治療の開始時期が遅くなってしまうと、矯正期間も長くなり、矯正治療もスムーズにいかない場合もあります。お子様の歯の健康を考えられるなら、早期に初診にお越しいただくことが大切です!特に反対咬合(受け口)の場合は早めに受診してください!

当院の矯正治療

METHOD OF TREATING

目立たないクリアブラケットによるマルチブラッケット矯正

歯の表面に装着するブラケットが透明な装置です。
透明であるため目立ちにくく金属アレルギーの方でも治療できます。
 

目立たないマウスピースによる矯正

ブラケットやワイヤーを使用せず、ポリウレタン製のマウスピースを
使って歯を正しい位置に動かしていきます。
当院では、インビザラインGoシステムによる透明マウスピース矯正治療も行っています。インビザラインGoシステムとは、軽~中程度の不正咬合に対して、一連のアライナー(透明マウスピース)を最大20枚まで使用し、継続的に弱い力を加えて歯を最終位置まで少しずつ移動していくシステムです。1週間ごとに20枚のアライナー(透明マウスピース)を交換していく場合、治療終了までは約5ヵ月です。但し、年齢や歯ぐきの状態によって交換間隔は10日~2週間になり、症例によってアライナー(透明マウスピース)の枚数は異なります。
歯並びでお悩みの方は、一度当院にご相談ください。

 

マウスピース矯正のメリット

  • 人からよく見える前歯が治療対象
  • 歯を抜かずに矯正治療ができる
  • 自分で取り外しができ、衛生的に管理ができる
  • スポーツもマウスピースをはめたままできる
  • マルチブラケット治療より治療費が安い
  • 矯正治療期間が短い

マウスピース矯正について