小児歯科

PEDIATRIC DENTAL

小児歯科について

PEDIATRIC DENTAL

当院では、ブラッシングやフッ素塗布、シーラント処置などを行いながら、
お子様の虫歯の予防や虫歯の早期発見のための
定期的・継続的な虫歯予防管理を行っています。

シーラント処置

SEALANT TREATMENT

シーラント処置とは?

シーラントはフッ素塗布と並んで小児によく行われる虫歯の予防処置です。
処置として、奥歯の溝をプラスチック樹脂の一種で埋めることになります。
主に生えて間もない6歳臼歯や奥歯に行います。

なぜシーラント処置が必要?

奥歯の奥は深くくぼんでいて歯ブラシが磨きにくいので虫歯になりやすいんです。
食べカスやむし歯菌が溝に残ったままだとむし歯になる可能性も...
むし歯にならないようにシーラント(樹脂)を塗って奥歯の溝をふさいでおこう。歯を削らないし短時間で終わるよ。
長持ちするし歯を強くするフッ素も出るよ。健康な歯をキープしましょう。

シーラントを行う時期は、3段階に考えます。
第1段階は乳歯の奥歯が生えてくる3歳頃、第2段階は、大人の歯である第1臼歯(6歳臼歯)が生えてくる6歳頃、第3段階は、6臼歯のさらに奥の第2臼歯(13歳臼歯)の生えてくる13歳頃に行います。

シーラントを処置されたお子様へ

歯みがきについて

通常通りきちんと歯みがきしてください。
シーラントは奥歯の噛み合わせに塗るものです。
歯と歯の間や、歯と歯グキの間は、特にしっかり歯みがきしてください。
 

定期的なチェックについて

シーラントは優れたむし歯予防の方法ですが、永久に効果を発揮するものではありません。
定期的に来院してシーラントの状態をチェックしてもらいましょう。
シーラントが欠けたり、取れたりすると、そこから虫歯になりやすくなります。
 

フッ素塗布

FLUORIDE TREATMENT

 

まず、歯のクリーニングを行い、歯の表面をフッ素が取り込まれやすい状態に整えます。
その後、フッ素を綿棒や歯ブラシなどで1本ずつ塗布する歯面塗布したり、
フッ素剤を入れたマウストレーを5分ほど装着するトレー法などがあります。

フッ素塗布の働き

歯を強くする

歯の表面を、酸に溶けにくい(虫歯になりにくい)性質に直してくれます。

再石灰化を促進する

歯の表面を、酸に溶けにくい(虫歯になりにくい)性質に直してくれます。

むし歯菌の力を弱める

むし歯の原因菌の力を弱め、歯を溶かす酸の量を少なくさせます。