ブログ BLOG

カテゴリー:

ブログ

保険診療でできるCAD/CAMとは?

現在、CAD/CAMという白い材料を使用した被せ物や詰め物が保険診療でできるようになっています。CADとは、コンピューターを利用して設計(デザイン)、CAMとは、コンピューターによる製造(製作)という意味です。歯科医師が型どりしたデータをもとに歯科技工士がCAD/CAM装置を用いて、被せ物や詰め物の形をデザインし、デザインされた形にCAD/CAMのブロックを削り出します。削り出された被せ物や詰め物を調整した後、きれいに磨かれたた状態で患者様の歯に装着されます。

このように、現在、保険診療においても「金属を使わない」「目立たない」白い被せ物や詰め物が主流となっています。銀歯が気になる方は、白い被せ物や詰め物へとお口の中をリニューアルしてみませんか?

 

ページトップへ