ブログ BLOG

カテゴリー:

ブログ

マウスピース型デジタル矯正システム インビザラインGoシステムによる矯正治療の流れ

こんにちは、加古川町本町の山脇歯科医院です。今回は、マウスピース型デジタル矯正システムであるインビザラインGoシステムによる矯正治療の流れについてご説明します。初診時には、まず、患者様のお口の中の診査、診断用模型を作製するための歯型採取、レントゲン撮影などを行います。そして、患者様の歯ならびがインビザラインGoシステムによるマウスピース型矯正に適しているかのケースアセスメント(症例の評価・分析)をさせていただきます。

Step1.症例評価

インビザラインアプリ「フォトアップローダー」を起動し、患者様情報を入力します。

② 初診時の撮影を選択し、アプリのガイドに従って撮影した顔写真・口の中の写真をアップロードし、ケースアセスメントをオーダーします。

③ 直ちにケースアセスメント(評価・分析)結果が送信されます。

下の表のようなケースアセスメント結果が直ちに送信されます。これによって、患者様が改善したいところの歯ならびに対する矯正治療の難易度がわかるとともに、総合的に判断してインビザラインGoシステムによる矯正治療が適応かどうかがわかります。

ケースアセスメント結果を患者様にご説明し、当院での矯正をご希望された患者様は、次回のご来院時に歯型の型どりをさせていただきます。

Step2.歯型の型どり

歯型のとりかたには、下左の写真のように印象材を使う場合と下右の画像のようにデジタルスキャナーを使う場合があります。

Step3.オンライン処方書の提出

アップロードされた写真と歯型、オンライン処方書をインビザライン・アライン・テクノロジー社に提出します。印象材で型どりした歯型は、UPS(国際郵送サービス)を利用して、海外のインビザラインアライン・テクノロジー社に別送しますが、スキャン画像の場合は、オンライン処方書とともにインビザラインアライン・テクノロジー社に即時にデジタル送信できます。

Step4.クリンチェック治療計画の受信

写真・歯型・オンライン処方書を提出後、インビザラインアライン・テクノロジー社から、下の画像のような患者様のクリンチェック治療計画がインビザラインドクターサイトに送信されます。クリンチェック治療計画では、初診時から矯正治療終了までの歯の動きがアニメーションによってみることができるので、患者様の歯ならびがどのように変化していって、キレイな歯ならびになっていくのかがよくわかっていただけると思います。

送信されたクリンチェック治療計画を患者様のお口の中の状況に合わせた計画に修正し、患者様の同意を得ることができましたら、アライナー(マウスピース)の発注を行います。

Step6.アライナー(マウスピース)の配達完了

UPS(国際輸送サービス)によって、患者様のアライナー(マウスピース)が当院に配達されます。

Step7.アライナー(マウスピース)矯正治療の開始

 

 

ページトップへ